光軽金属工業株式会社

製造業 / 岡山市

PRメッセージ

弊社は、アルミニウム合金鋳物のあらゆるニーズに応えます。 アルミニウム合金鋳物の新規納入先を求めます。
アルミニウムは、工業的に製造が開始されて現在まで100年程度の歴史しかない金属ですが、現在では量的には鉄に次ぐ第二の金属材料となっており、オフィスでも家庭でも、アルミニウムが使われていない製品を探すことのほうが難しい程に多用されています。弊社は、このアルミニウム合金を使用する鋳物の専業メーカーです。弊社で生産している製品も農業機械、産業機械、内燃機関、電機通信機、船舶航空機、新幹線、OA機器、自動車等の部品から、コンピュータルームなどに使用されるOAフロアといった完成品にいたるまであらゆる産業分野に亙っています。また、ISO9001(2008年版)の認証取得をしています。

企業の概要

企業名 光軽金属工業株式会社
住 所 〒709-0854
岡山県岡山市東区瀬戸町江尻1050
電 話 0869-52-2121
FAX 0869-52-4120
代表者 代表取締役社長 鴻上 浩之
創 業 1950年
資本金 9,000万円
従業員数 124人
年 商 28億円(2017年11月 決算実績)

お問い合わせ

事業の概要

昭和25年、アルミニウム合金鋳物の特性と将来性に注目して、会社を設立して以来現在まで、積極的に設備の拡充と近代化を図っています。現在では各種鋳造設備はもとより最新の精密機械加工設備及び塗装設備をも備え、鋳物素材の生産から機械加工・塗装までの一貫生産により、低コストの製品を短納期で供給することが可能となっています。

「特徴的な技術設備」
弊社は、砂型鋳造設備、金型重力鋳造設備、ダイカスト設備等の多種類の鋳造設備を備えているため、各鋳造設備の特徴を生かして、試作品等の小ロットのものから、月当たり数万個を生産するものまで、製品重量では数十グラムのものから、数十キロのものまでの鋳造が可能となっており、納入先各社のあらゆるニーズに応えうる体制を整えています。こうしたことから、関東から九州までの広いエリアに納入先を持っています。また、昭和63年独立した機械加工部門を設けて精密加工設備を拡充するとともに、平成8年には新設した塗装工場に、最新の塗装設備を設置し、鋳物のみを供給する単なる素形材メーカーから完成度の高い製品の製造可能なメーカーへの脱却を図っています。

  • ダイカスト鋳造製品

  • 砂型鋳造製品

  • 金型鋳造製品

  • 自社ホームページへ

このページのトップへ

当社外観

事業所ご案内