関西プラスチック工業株式会社

建設業 / 倉敷市

PRメッセージ

当社は、高い配管技術を習得した技術集団です!
配管技術と計装技術をベースにお客様のニーズに合った装置を作ります。

創立60年を越えた歴史の古い会社ですが、常に新しいことに取り組み変化に
対して柔軟な、しかし長年培ってきた技術と信頼を大切にする明日を考える企業です。
従来のプラント配管工事に加え、半導体工場から化学工場・上下水道処理場まで
広い範囲をカバーし、また電気制御を含めたトータルな設備も設計から
管理・施工までの一括工事も可能になり、お客様から高い信頼を得ております。

企業の概要

企業名 関西プラスチック工業株式会社
住 所 〒710-0835
岡山県倉敷市四十瀬331-3
電 話 086-425-1131
FAX 086-425-1737
代表者 代表取締役 藤南 和将
創 業 1948年
資本金 1,100万円
従業員数 62人
年 商 0

お問い合わせ

事業の概要

加工用クリーンルーム
半導体の高集積化にともない半導体工場の建設工事においては、
ますます清浄度が要求されるようになっております。
弊社では30年余にわたって半導体工場や製薬工場の超純水設備、
薬液供給設備を中心に施工実績を積んでおりますが、ユニットの
製作や配管プレハブの為に社内にクリーンルームを設置しております。
広さは9m×11mでクラス10,000、入口エアーシャワーつきです。
クリーンルーム内で製作が必要なものの引き合いをお待ちしてます。

各種溶着・溶接機
半導体関連に関する各種配管施工技術も備えています!
半導体分野には欠かせない特殊配管施工技術であります、
PFAパイプ溶着、PFAチューブ接続、PVDFパイプ溶着(写真のもの)
SUS-EPチューブ自動溶接など、当社では幅広い製作をしております。
その他の配管につきましても、お気軽にお申し付け下さいませ。

コンテナルーム事業
半導体分野だけでなく、新事業への挑戦として
「コンテナルーム事業」も行っております。
法人向けだけでなく、一般の顧客へも視野に入れ
数年前より営業展開しており、現在は倉敷市内で
2店舗かまえて事業を行っております。

環境機器オゾンブロー
近年、環境・福祉分野が国内で急速に進んでいる中
当社でも環境分野では、ホテル、飲食店の排水設備に
付加できる「オゾンブロー」の販売代理店を行っております。
また、福祉分野では、これからの高齢化社会に向けて
介護負担軽減を担う「水中リハビリシステム」を構築し
国内の発展を目指しています。

  • 超純水製造装置

  • クリーンルーム

  • PVDF溶着機

  • コンテナルーム

  • オゾンブロー

  • 自社ホームページへ

このページのトップへ

関西プラスチック工業(外観)

事業所ご案内