丸川 大雲

生活関連サービス業、娯楽業 / 浅口市

PRメッセージ

易占いは先人の知恵の結晶で、人生の羅針盤に活用できます。私は「本物の占い師」を目指して日々精進しています。鴨方(自宅)では占い教室も行い、また占い羅針盤の一員としてイオンモール岡山で鑑定していますので、皆様のお越しをお待ちしています。
(平成30年2月1日付で、イオンモール岡山の鑑定日とコラムを更新しました)
○イオンモール岡山7階
平成30年2月鑑定日
 2月1日(木)、5日(月)、12日(月)、25日(日)
○占いのニーズ
 最近のご相談内容は、今後の運勢、恋愛・結婚が多く、次いで金運、仕事、健康、家相(新築・リフオーム)、方位、名づけなどです。
○こだわり
 自分自身が納得できる現代社会に適した占いで、何よりも相談者に信頼される鑑定を目指しています。ご相談に対して、原則として命術(生年月日時)、卜術(易学)、相術(人相・手相・家相)と基盤が異なる三占術により、過去の経験、現在の社会情勢等から総合的に鑑定・アドバイスしています。
○占いの効用
 占いは、サバイバルのために数千年の人類の知恵の集大成として、机上の空論ではなく血と汗と涙の結晶として生まれた人類の知恵の結晶です。占いから、先人の知恵を教わること、自分の可能性を見つけること、そして今後自分におきることの予測を知り対処することです。
○コラム(2月1日付で更新しました)
 「占いを活かしても、占いの奴隷にはなるな」、「占いは決断の助けではなく、判断材料の1つにすぎない。すなわち、占いは自分主導で活用すべきものである」、「手相には、過去・現在・未来が刻み込まれている」、「手相学は科学である」、「四柱推命は学問である」以上は2017年11月発行の「成功する人は、なぜ、占いをするのか?」著書千田琢哉氏から一部引用させていただきました。この本は、占いを利用する人もまた私達占いに携わるものにとっても大変参考になります。

企業の概要

企業名 丸川 大雲
住 所 〒719-0241
浅口市鴨方町小坂東1285
電 話 0865-44-2519
FAX 0865-44-2519
代表者 丸川 一郎
創 業 2015年4月1日
資本金
従業員数
年 商

お問い合わせ

事業の概要

○創業・きっかけ、プロフイール
・創業・きっかけ
 終戦後、義父が鴨方で家相・易占鑑定をしていたが、H6年死去しました。H27年公的機関を退職と同時に、義父が使用していた丸川大雲の道号で創業しました。きっかけは、実父・義父ともに易者で幼い頃から、占いは身近な存在としてあり、重大な決断をする際は使用していました。従って退職後の残りの人生は、占いに関係するのが自分の使命だと自覚していました。
・プロフイール
 S21年生れ。岡山大学農学部卒。S49~H27年までの41年間公的機関で経営者対象の相談・指導業務を行うかたわら、40才代から本格的に占いの勉強を始めて、資格取得や実践を積みながら研鑽してきました。易者である実父・義父や東洋易学学会の藤井恵讃先生などから指導を受け、H13年易学鑑定士、H16年易学教授の資格を同会で取得。現在鑑定歴は、約20年になります。

○プライベート、趣味
 通学、通勤を含めて約50年間鴨方~岡山間の電車内や勤務で経営者との面談を通じて、人間観察するのが好きでした。また趣味は花より団子で、キュイ、みかん、柿、イチジク、さつま芋、大根、白菜、キャベツ、エンドウなどの果樹・野菜を作って食べることです。もっとも、食べるよりも育てることに満足しているようですが・・。現在は、浅口市が高齢者に推奨している「介護予防のためのストレッチ体操」を月に2回、同年代の人と楽しく行っています。また同じく浅口市が主催している「男の料理教室」に参加しています。

○ご相談内容例
・運気・運勢相談 :今年の運勢、今後の運勢、一生の運気
・恋愛・結婚相談 :結婚できるか、相手と出会う時期、恋愛・結婚時期、相性
・離婚、別居相談 :相性、婚姻継続か離婚(別れる)か
・仕事相談    :適職、転職、上司・部下運
・事業相談    :独立・開業運、事業の継続、後継者
・人間関係相談  :相性、性格
・健康、病気相談 :心と体の健康状態、病気の時期・期間
・金運相談    :財運、動産・不動産運
・家庭・子供相談 :家庭運、子供運、子供の能力
・家相・風水相談 :土地取得、新築・改築の時期、方位、家の間取り
・移転・引っ越し :時期、方位
・名づけ、姓名判断:命名、改名

このページのトップへ

事業所ご案内