企業コラム一覧

File.46  有限会社田中酒造場

130余年の伝統を誇る美作の造り酒屋

企業情報はこちら

  • 代表取締役 田中 宏幸さん
  • 近年では珍しい槽(ふね)と呼ばれる搾り機と酒袋を使って全量を搾る。

岡山の地酒のブランド力を高めるため、丁寧な酒造りと販売に取り組む有限会社田中酒造場

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*


明治18年から130余年もの間、のれんを守ってきた蔵元。中国
山地の寒冷な気候の美作地域は、良質な米と清冷な地下水に恵まれ、
名酒の条件が揃っている。
創業当時から醸造する「大原白梅」と宮本武蔵の生誕地にちなんだ
「武蔵の里」が蔵自慢の酒。

地元消費が減少を続ける中、五代目の田中宏幸氏は、首都圏をター
ゲットに新しい銘柄「宙狐(ちゅうこ)」を売り出した。地元美作
市で収穫された山田錦と県内産アケボノを使って、丁寧に造った岡
山の酒をアピールする。

日本酒を飲むシーンをイメージし、どうすれば手に取ってもらえる
かを考えて、「宙(そら)を舞う狐って、何?」と目を引くネーミ
ングとパッケージの筆文字にこだわった。

日本酒の消費は洋酒に押され、最盛期の1/3までに減ってきてい
る。杜氏の高齢化により、その制度が衰退する一方で、醸造を学び
経験を重ねた若い造り手を雇用し、安定して品質の高い日本酒を醸
造する蔵も増え、日本酒を愛飲する層も徐々に広がりをみせている。

「酒作りは今と昔で変わってきている。杜氏の伝統を受け継いだ者
として、岡山の酒のブランド力を高め、香り豊かで雑味のないきれ
いな酒とその造り方を後世に託したい」と真摯に取り組んでいる。


【おかやま産業情報】2017年新春号 掲載
+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

有限会社田中酒造場
http://www.musashinosato.com/


住所:美作市古町1655
TEL:0868-78-2059
FAX:0868-78-3378

このページのトップへ