企業コラム一覧

File.50  株式会社ファインフードネックワーク

手間をおしまず、職人の技術を生かす

企業情報はこちら

  • たっぷりの煎り胡麻がベース「ピリごまラーメン」
  • チャーシューゲンコツおにぎり
  • 海産だしをふんだんに使った「かけたれ」が決め手の「冷麺」。9月末まで販売

安全性に配慮して商品開発を行い、県産・国産の食材にこだわり新商品を開拓する株式会社ファインフードネックワーク

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

平成元年に(株)ファインフードネットワークは(株)すわきから食品部門を
買い取り、FC事業をスタート。現在、県内に12店舗を展開している。

半世紀以上、岡山のラーメンを牽引してきた「すわき後楽中華そば」は、
懐かしの味わいを残しつつ、さらに追求を重ね、今日に至っている。
新しい技術を研究・導入し、味や品質を徹底的に管理することで、今なお、
庶民の味として親しまれている。「手間を惜しまず、心を込めてつくります」
という精神を柱に、ものづくりに取り組んでいる。

好評の「ピリごまラーメン」のタレは、職人が厳選した白ごまを1回ずつ
重い鉄鍋で炒ることで、ごまの風味とコクを最大限に引き出している。
また、創業時からの看板メニュー「ゲンコツおにぎり」は、岡山県食品産業
協議会 推奨品「旨良物(うめえーもん)」にも認定されている。
県産のブランド米「岡山朝日」と国産のもち米を使用。セイロで蒸し、一つ
ひとつ丁寧に竹皮で包んだ、手づくりの技が光る逸品。

食へのこだわりが高じ、平成27年末より、岡山県のブランド豚
「岡山いつつぼし」を使用。
夏期限定メニュー「冷麺」は、この夏、メニューを刷新して奈義町の三元豚、
下津井のワカメ、美星町の「星の里たまご」、無農薬きくらげなど、岡山の
恵みをふんだんに楽しめる内容となっている。

香港・台湾などの海外進出も視野に入れ、ラーメンの輸出を計画。
各国の嗜好をリサーチして販路を広げ、「世界に「日本の食文化」を
発信していきたい」と語る。


【おかやま産業情報】2017年春号 掲載
+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

株式会社ファインフードネックワーク
http://www.ffn.co.jp

住所/岡山市中区桜橋3-2-18
TEL/086-238-3555 
FAX/086-238-3558

このページのトップへ