中小企業診断士とは

中小企業診断士ってなんでしょうか? 

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。
法律上の国家資格として、「中小企業支援法」第11条に基づき、経済産業大臣が登録します。

中小企業診断士制度は、中小企業者が適切な経営診断及び経営に関する助言を受けるに当たり、経営の診断及び経営に関する助言を行う者の選定を容易にするため、経済産業大臣が一定のレベル以上の能力を持った者を登録する制度です。
岡山県内の有資格者は百数十名、うち数十名が独立コンサルタントとして活動、それ以外の診断士は、一般企業、金融機関、行政機関、支援機関などに在籍する企業内診断士として活躍しています。