トップページ > お知らせ一覧 > 技術情報ライブラリー 新刊書籍情報(1月)

技術情報ライブラリー 新刊書籍情報(1月)

|2017年12月22日(金) | カテゴリー:


 当財団が運営する、技術情報ライブラリーでは、社員教育、企業実務、研究開発などに役立つ図書・
雑誌、ビデオ・DVDなどを種類、数量ともに豊富にとりそろえ、閲覧・貸し出しを実施しています。
12月は図書を4種類ご用意いたしました。この機会に是非ご活用ください。 



「図解でわかるIoTビジネス いちばん最初に読む本」
人にはちょっと聞きづらい「そもそもIoTってな~に?」という素朴な疑問から、
ビッグデータ分析や人工知能(AI)などのIoTを支える技術まで、たくさんの
事例をもとに図解を交えてやさしく解説します。(アニモ出版より抜粋)


 第1章 「IoT」とはいったい何か
 第2章 いま、IoTは世界でどこまで進んでいるか
 第3章 IoTによる“ものづくり”改革の実際
 第4章 IoTで暮らしも働き方も産業も変わる!
           第5章 使えるIoTをビジネスとして実現させる方法
           第6章 IoTを支える技術にはどんなものがあるか



インダストリー4.0時代を生き残る!中小企業のためのIoTとAIの教科書
製造業の現場を知り尽くしているプロが、インダストリー4.0とIoT、AIが中小製造
業にもたらす意義をわかりやすく解説した上で、中小製造業の各業務ごとに、これ
をどうビジネスに活かしていくか、どのように導入すべきかのヒントを提示するも
のである。(総合法令出版より抜粋)


 第1章 インダストリー4.0とは何か
 第2章 インダストリー4.0時代のQCD向上施策
 第3章 インダストリー4.0時代の製品開発
           第4章 インダストリー4.0導入プロジェクトの進め方
           第5章 インダストリー4.0時代の中小企業のあり方



「中小企業がIoTをやってみた」
IoTは中小企業の経営者にとって未経験の新しいシステムであり、自社が果たして使
いこなせるのか、など不安は尽きない。本書は、岩本氏が主宰し2016年4月から開催
してきた研究会で検討してきた中小企業のIoT導入の軌跡と、そこからみえた課題な
どを紹介する。(日刊工業新聞社より抜粋)


 第1章 中小企業へのIoT導入の難しさ
 第2章 中小企業がIoTをやってみた
 第3章 IoTでここまでできる
            第4章 中小企業がIoTを導入・活用するために



「日本再発見紀行」

地元の事情通がとっておきの観光スポットを紹介する、大人のための旅の本。歴史や
文化・自然の魅力的なありようを、自分の生き方の滋養になったかどうかという視点
から吟味し、生きていく糧になる「旅」を提案。日本人なら観ておきたい全国各地の
いい所。知っている場所もあらためて訪ねてみたくなるエッセンスがたっぷり。ビジ
ネスマンOBの55人が綴る珠玉の71撰。








岡山県産業振興財団、技術情報ライブラリーは、どなたでもご利用いただけます。
また、賛助会員さま、インターネット利用研究会会員さま限定サービスとしまして、
図書・DVD・ビデオ等無料貸し出しを行っています。職場の研修等、お役立て下さい。

 (公財)岡山県産業振興財団 総務部 総務企画課
岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山2F
TEL 086-286-9661   E-mail info@optic.or.jp





アクセス数 214

財団の関連事業へのリンク

<< 2018年2月 >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
             

RSS配信/新着情報

おすすめコンテンツ

  • おかやま企業情報ナビ
  • おかやま専門家NAVI
  • SSNニュース
  • オプティックニュース

このページの先頭へ