プロジェクト概要

おかやま次世代自動車技術研究開発プロジェクト(第2期)の概要

自動車関連産業を取巻く環境の変化に的確に対応できるよう、岡山県では、平成23年度からの 第1期プロジェクトに続き、26年度から3カ年計画の第2期プロジェクトを実施しています。

第2期プロジェクトでは、公募により参加した県内ものづくり企業16社と産学官連携により、三菱自動車工業(株)との共同研究も進めながら、新技術や新製品の開発とその実用化に取り組んでいます。

さらに、小型化、軽量化、高性能化、低コスト化、新機能など開発した新技術・新製品を搭載した実証実験車(試作EV)の製作を通じて県内企業の技術力、提案力を高め、国際競争力のある「次世代自動車産業クラスター」の形成を目指しています。

研究開発スケジュール

平成26年度
  • インホイールモータ等の既開発部品の実用化試験(~ H28 )
  • 小型インホイールモータ車の要素部品開発と実証実験車試作
平成27年度
  • 要素部品の実用化研究、実証実験車による開発試験、展示PR
  • 次世代自動車に対応した技術・製品の開発
平成28年度
  • 次世代自動車に対応した開発製品の実証試験・改良
  • 開発製品や実証実験車の展示PR

プロジェクト運営体制

プロジェクト運営・推進

分科会

駆動分科会

電気・電子分科会

電気自動車のモータ、インバータ、カーエレクトロニクスなどの製品開発と制御技術を検討する。ガソリン自動車から電気自動車へのシフトにより、最も変化が大きい分野。

シャシー分科会

シャシー分科会

サスペンション、ブレーキなど自動車の「走る」「曲がる」「止まる」といった運転操作性、走行安定性及び振動騒音低減などを検討する。

車体電装分科会

ボデー分科会

自動車の車体及び内外装・電装部分を対象とし、電気自動車特有の構造及び軽量化、さらに電力制御のため遮熱・断熱構造など車体部分を検討する。

ビジネス分科会

ビジネス分科会

展示会等を通じて技術力を広くPRするとともに、次世代自動車等の市場動向や経済動向などを調査し、完成した製品の市場化を図るためのビジネスモデルの構築を目指す。

このページの先頭へ