活動実績

2020/01/31(金) 第19回OMIC事業推進セミナー

第19回 OMIC事業推進セミナー

【日 時】 令和2年1月31日(金) 15:30~18:30
【場 所】 岡山大学鹿田キャンパス 総合教育研究棟1階 データ解析検討室
【参加費】 無料

【主 催】 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産学官連携センター、NPO法人メディカルテクノおかやま
 
◆プログラム
1.講 演 ① 15:30~17:00
「分子イメージングにおける紫外光の可能性」
レーザーの発明と染色技術の進歩によって、蛍光顕微鏡が現在の分子イメージングの主流を占めるが、古くは、高解像度で染色不要な紫外光が利用されていた時代があった。近年、深紫外光源や深紫外検出器などのデバイスが進歩し、プラズモニクスなどの新技術の出現とともに、局在性と増強度を高めた深紫外光分子イメージング技術が再び注目されるようになりつつある。本セミナーでは、紫外ラマンや紫外増強ラマン顕微鏡を中心に、近年の紫外光を用いた分子イメージング研究の開発動向を述べる。
講師:北海道大学 電子工学研究所 准教授 田口 敦清 氏
 
2.講 演 ② 17:00~18:30
「ラマン分光を利用した新しい細胞分子イメージング」
ラマン分光法は分子の振動を検出する手法であり、高分子材料、カーボン材料や半導体など、様々な材料分析に利用されている。近年、ラマン分光法の感度向上や顕微鏡技術との融合が進み、細胞や生体組織内の分子分析やイメージングへ積極的に活用されるようになってきた。本講演では、ラマン分光イメージング技術の基礎と、それを利用した細胞の無標識分析法、小分子イメージング法、超多重イメージング法について紹介する。
講師:大阪大学 大学院工学研究科 助教 熊本 康昭 氏

◆参加者 23名
戻る