お知らせ

お知らせ2015年11月24日

会員企業の医工連携への取り組みを東京都の研究会で紹介しました!

 平成27年11月20日(金)に開催された東京都医工連携HUB機構の「第2回クラスター研究会」において、連携・支援機関会員の(株)カワニシホールディングス 前島社長 が「医療機器販売商社(ディーラー)としての医工連携への関与」と題して講演を行いました。
(東京都医工連携HUB機構 開催レポート
 




 全国的に注目の高まっている医工連携の新しい形である「製販企業ドリブン型・医工連携モデル(製販ドリブンモデル)」を一歩進め、医療機器販売商社の豊富な経験と知識により医療機器の開発ニーズを見極め、事業化の成功確率をさらに高めようという、岡山発の「ディーラードリブン型・医工連携モデル」を提唱し、ものづくり企業との新たな連携構築に向けた医工連携への取り組みを紹介しました。

 「医療機器開発プロモートおかやま」では、引き続き
カワニシHDと会員企業との連携を強化する取組を進め
ていく予定です。
 
 交流会、
ニーズ発信会等のお知らせは、HP、メール
マガジンを通じて行いますので、ご興味のある方はお見
逃しのないようにご注意ください。