トップページ > イベント一覧 > 難削材加工技術スキルアップ研修「加工体験で学ぶチタン合金の切削加工」

難削材加工技術スキルアップ研修「加工体験で学ぶチタン合金の切削加工」

財団|2016年11月26日(土) | カテゴリー:セミナー, 研修

掲載期間を終了しています。

     満員御礼!!募集を締切りました 
     難削材加工技術スキルアップ研修 
     「加工体験で学ぶチタン合金の切削加工」

 チタン合金は、比強度が大きく耐食性に優れていることから、航空機、医療機器など様々な分野で用い
られており、今後も需要の伸びが期待される材料です。チタン合金の切削を手掛けている企業は多くあり
ますが、製造業が直面する国内外の競争の中で、チタン合金の切削加工においても、いかに高効率、高
精度に加工できるかが今まで以上に求められています。
 本研修では6-4チタン合金を取り上げ、素材の特徴や適切な工具を選択するための考え方を学ぶセミナ
ーと、自社の工作機械での加工体験を組み合わせた実践的な研修を行います。最新の工具を使った高効
率、高精度加工にチャレンジしていただくとともに、チタン合金に対する熱処理が加工現象等に及ぼす影響、
最新の計測技術による切削加工の「見える化」についても学んでいただきます。


▶日  程  第1回セミナー  平成28年11月26 日(土)9:30~16:30
        自社加工     平成28年12月7日(水)~平成29年2月10日(金)
        第2回セミナー  平成29年3月4日(土)9:30~16:30     
▶内  容
   ●第1回セミナー  
        座学   チタン合金の素材特性
              チタン合金の切削加工のポイントと適切な工具選定
          実習    課題の説明と注意点
              加工方法の検討
               実習課題(デモサンプル)に対する形状測定
      ●自社加工機での加工 ・課題図面による切削加工体験(チタン合金製の“フタ付箱”の作製)

      ●第2回セミナー  
                   座学     実習及び自社加工結果のまとめと評価
                           チタン合金の組織、切削抵抗に及ぼす熱処理の影響
                           最新の計測装置による「加工の見える化(工具温度・振動の計測)」
         実習    チタン合金に対する穴加工時の工具温度測定

▶会  場  中国職業能力開発大学校(倉敷市玉島長尾1242-1)

▶受講料  7000円/人

▶講  師  中国職業能力開発大学校、(株)神戸製鋼所、サンドビック(株)、 (株)山本金属製作所
        岡山県工業技術センター

▶対象素材  Ti-6Al-4V合金(溶体化+時効処理材) ※加工素材と工具は支給します。 

▶募集定員  13社 限定 
            ※県内に事業所のある製造業を対象にします。申込み順で、定員に達し次第締め切ります。
            ※1社から複数名の参加は可能です。その場合、受講料は参加人数分承ります。

▶申込方法 下記メールフォームよりお申込いただくか添付の申込書にて事務局までお申込み下さい
 
▶申 込 先 (公財)岡山県産業振興財団技術支援部   担当:西田、山本  
        〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山内
        TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676 E-mail:sangaku@optic.or.jp

▶申込締切  平成28年11月16日(水) 定員に達しましたので募集は締切りました!!
     ※申込みにあたっては、申込み用紙記載の留意事項を確認ください。
開催日 2016/11/26
申し込み受付期間 2016/10/19 ~ 2016/11/15
申し込み方法 応募期間は終了しました
担当部署 岡山県産業振興財団
開催時刻 9:30
イベントのアクセス数 5911

財団の関連事業へのリンク


このページの先頭へ