トップページ > イベント一覧 > No.9 治具設計の勘どころ研修

No.9 治具設計の勘どころ研修

財団|2020年10月26日(月) | カテゴリー:研修



                                     令和2度ものづくり人材育成研修事業
                                   主催 岡山県・(公財)岡山県産業振興財団

受付終了
No.9 治具設計の勘どころ研修


 治工具設計の現場力強化及び技能継承をめざして、技能高度化、診断・予防保全、技能継承に向けた設計時の問題点(①ワークの位置決め箇所、②クランプ位置、③クランプ力④治具の扱い及び作業性、⑤材料・精度・コストなど)の回避方法などを含め、組付け治具における設計手法とポイントを習得します。
 
 

1.組付け治具総論
 (1)治具の目的
 (2)治具の基本要素
 (3)治具による位置決め
 (4)治具におけるクランプの原則と条件
2.組付け治具設計の要点
 (1)製品精度と治具精度
 (2)位置決め精度と公差
 (3)勘合時の治具設計要件
3.組付け治具設計実習
 (1)治具構想設計実習
 (2)設計課題の発表と講評
4.まとめ
 
日 程 10/26(月)・10/27(火)  9:30~16:30

対象者 県内の製造関連企業において、機械加工作業、測定業務、
            設計業務などに従事している方
    またはこれから関連業務に従事する方

会 場 中国職業能力開発大学校(倉敷市玉島長尾1242-1)1202教室

講 師 龍設計コンサルタンツ 
(元㈱クボタ生産技術本部) 山中 利幸 氏
    中国職業能力開発大学校 生産機械システム技術科 能開教授 古城 良祐 氏

受講料 4,100円(税込)

持参物 関数電卓(四則電卓でも可)、筆記用具が必要


お申し込み方法
下記記載の申込フォームに入力、もしくは下記【FAX専用お申込み用紙】をダウンロードしFAX下さい(募集期間外は申込フォームが使用できませんのでご注意ください)

お申し込み注意点
※申込内容を確認後、「受講決定通知書 兼 請求書」を郵送させて頂きます。
※申込書に記入された個人情報は、本研修の管理に使用する他、メールマガジンの配信等に利用させて頂く場合があります。
※連絡なく欠席される場合は、今後のお申込みをお断りする場合があります。
※新型コロナウイルス感染症の拡大状況・社会情勢により中止となる場合があります。

お申し込み・お問い合わせ先
公益財団法人岡山県産業振興財団 総務部 総務企画課 担当  藤田・浅田
TEL 086-286-9661 FAX 086-286-9662 E-mail:seminar@optic.or.jp



開催日 2020/10/26
申し込み受付期間 2020/08/31 ~ 2020/10/12
申し込み方法 応募期間は終了しました
担当部署 岡山県産業振興財団
募集人数 10人
開催時刻 9:30~16:30
イベントのアクセス数 373

財団の関連事業へのリンク


このページの先頭へ