トップページ > イベント一覧 > No.20 オープンソースによる画像処理・認識プログラム開発<Python編>

No.20 オープンソースによる画像処理・認識プログラム開発<Python編>

財団|2024年02月15日(木) | カテゴリー:研修

掲載期間を終了しています。

令和5年度ものづくり人材育成事業
主催 岡山県・(公財)岡山県産業振興財団


現在の募集状況についてはこちらをクリック↓↓↓
【 令和5年度 ものづくり人材育成研修 研修一覧 】




※募集を締め切りました。お申込みありがとうございました。

オープンソースによる画像処理・認識プログラム開発
<Python編>
画像処理/信号処理設計の新たな品質及び製品の創造をめざし、静止画や動画の画像処理や画像認識をフリーのプログラム言語Pythonとオープンソースのライブラリ(OpenCV)を用いた実習を行いながら学びます。※Pythonプログラムが初めての方もご参加いただけます。



(令和6年)
2
15日(木)~  216日(金)
【2日間】9:30~16:30


6,600円(税込)


中国職業能力開発大学校

(倉敷市玉島長尾1242-1)


10名(先着順)


岡山県内の製造関連等企業の方(Windowsの基本操作ができる方。)

1.コース概要及び留意事項
2.Python基本文法とモジュールの活用  

Pythonプログラム開発環境
Python基本文法
画像処理に向けて知っておきたいプログラミングのテクニック

3.静止画・動画の読み書き、画像処理
静止画の読み書き
動画の読み書き
さまざまな画像処理
課題実習(画像処理、フィルタリング、2値化処理)

4.色や形の認識
色の認識
形の認識
物体検出(顔認識)
物体検出(マーカー検出)

5.画像処理・認識応用課題
6.まとめ

◇お申し込み方法について◇2つの方法からお申込みいただけます。
①申し込みフォームから申し込む
下記申し込みフォームをクリックの上、必要事項を入力いただきお申込みください。





(注意!)募集定員に達した場合、または受付期間が経過した場合は申し込みフォームは使用できません。

②申込書から申し込む
申込書をダウンロードの上、必要事項を記入しFAX(086-286-9662)またはE-mail(seminar@optic.or.jp)にてお申込みください。
<申込書ダウンロードはこちら>

◇注意事項等◇
・お申し込みは先着順です。(多数の場合には、各社1名とさせていただく場合がございます。)
・お申込みフォームに入力いただきました個人情報の取り扱いにつきましては、当財団の規定の範囲で利用させていただきます。また、入力いただいた範囲内で受講者名簿として研修機関または講師に提出いたします。
・研修に何も連絡なく欠席された場合、今後のお申し込みをお断りする場合があります。

◇お申し込み・お問い合わせ先◇
公益財団法人岡山県産業振興財団総務部 総務企画課 担当: 横山・佐藤
TEL 086-286-9661 FAX 086-286-9662 E-mail:seminar@optic.or.jp


【 令和5年度 ものづくり人材育成研修 研修一覧 】へ戻る
開催日 2024/02/15
申し込み受付期間 2023/05/09 ~ 2024/02/01
申し込み方法 応募期間は終了しました
担当部署 岡山県産業振興財団
開催時刻 9:30~16:30
イベントのアクセス数 11109

財団の関連事業へのリンク


このページの先頭へ