トップページ > イベント一覧 > おかやまバイオアクティブ研究会 第48回シンポジウム

おかやまバイオアクティブ研究会 第48回シンポジウム

財団|2015年11月14日(土) | カテゴリー:セミナー, 研修

掲載期間を終了しています。

     おかやまバイオアクティブ研究会第48回シンポジウム
      (共催第15回RIBSバイオサイエンスシンポジウム

「岡山発!豊かな暮らしに貢献する植物バイオ~地域
 の農業収入のアップから世界の食糧問題の解決まで~」


 このたび、おかやまバイオアクティブ研究会と公益財団法人岡山県産業振興
財団および岡山県農林水産総合センター生物科学研究所の共催により、生理
活性およびそれに関連する物質に関する研鑚等を目的に、実践的研究をされ
ている専門家を招いて、「岡山発!豊かな暮らしに貢献する植物バイオ~地域
の農業収入のアップから世界の食糧問題の解決まで~」をテーマとしたシンポ
ジウムを、次のとおり開催します。

◆日 時: 平成27年11月14日(土) 
      シンポジウム13:10~16:45/交流会17:30~19:00
 
◆場    所: 岡山県天神山文化プラザ  (岡山市北区天神町8-54 TEL086-226-5005)
       アクセス http://www.tenplaza.info/about/access.html
       ☆公共交通機関をご利用下さい。       
◆シンポジウム :13:10~16:45
*開会挨拶 (13:10~13:20)
        会長 岡山大学大学院環境生命科学研究科教授 神崎 浩 
*講演の部 (13:20~15:20)
『岡山県発「植物の光利用効率を劇的に改善させる技術の研究・開発」-収益倍増は可能か?』
                                                                   生物科学研究所    小川健一
『グルタチオン代謝を改変した藻類の物質生産技術における優位性』
                                                                   生物科学研究所  西川正信 
『グルタチオン技術による農作物の機能性・品質向上の実例』
                       生物科学研究所 逸見健司
『次世代の野菜栽培を目指したグルタチオン施用技術の開発』
                       香川大学農学部 奥田延幸 
*学生プレゼンテーション (15:20~16:35) 
*ポスターディスカッション・コーヒーブレイク 
*学生プレゼン表彰式
*閉会挨拶(16:35-16:45)
岡山県農林水産総合センター生物科学研究所 所長 白石友紀 
◆交流会   日時 第48回シンポジウム同日 17:30~19:00
       場所 中華ダイニング餃子屋台(ホテルエクセル岡山B1F)(岡山市北区石関町5-1)
         http://www.hotpepper.jp/strJ000035976/map/ 
◆会費           シンポジウム 無料 / 交流会 3,500円/ひとり (シンポジウム受付にて集金します。)
◆実行委員長 岡山県農林水産総合センター生物科学研究所 専門研究員 西川正信
◆共催    岡山県農林水産総合センター生物科学研究所(RIBS Okayama) 
◆申込締切   平成27年11月6日(金)
◆申込方法     申込メールフォームよりお申込み下さい。
◆事務局        (公財)岡山県産業振興財団 技術支援部 担当 山本・福原
             TEL:086-286-9665  FAX:086-286-9676 
             E-mail:sangaku@optic.or.jp  
 
開催日 2015/11/14
申し込み受付期間 2015/10/15 ~ 2015/11/14
申し込み方法 応募期間は終了しました
担当部署 岡山県産業振興財団
開催時刻 13:10
イベントのアクセス数 6352

財団の関連事業へのリンク


このページの先頭へ