全国大会の軌跡:3日目

全国大会の軌跡:3日目

物産展(物産展部会)

 前日の大懇親会飲食調理ブースの設えを活用し、ブースで囲まれた回廊タイプにしました。また、テントで覆い、会場から屋外に出なくても楽しめるように工夫しました。
 物販ブースは屋内2階へ設置し、呼びこみを集中的に行った結果、長蛇の列になるブースも多々ありました。大会登録証に付けた物産展用500円券の使用を促すPRで、3,800名を超える参加者にご利用いただけました。

物産展(物産展部会)

記念式典(式典部会)

 吉備の国おかやま大会では、式典開始時間を9時スタートから10時スタートへ変更しました。
 式典開始時には8割近くの方が着席しオープニングアトラクションからザワつくことなく参加していただけたと思います。また式典と記念講演の間にも休憩を入れることで、記念講演も着席した状態でスタートすることができました。
 運営するために、音響・照明・映像・司会者・スタッフに至るまで、全て二重体制で臨みました。また進行台本やマニュアル等の資料は全てATの共用フォルダに置き、誰もが閲覧でき、修正ができる環境を整えました。
 日本YEG会長の思いも含めた形で式典が進行されるため、日本YEG企画委員会との連携が大切でした。吉備の国おかやま大会で9ブロック旗が大会旗を迎えるという演出ができたのも「連携した証」だと思います。

記念式典(式典部会)

記念講演(式典部会)

 ビジネスにおける「勇強と慈愛」をテーマに、大会のひとつの核として堀江貴文氏に依頼しました。
 演題は、『失敗から学ぶ、ホリエモン流経営学~マイナスからイチへと始まるチャレンジ精神~』
内容を区分化すると、
・経営者は学力が絶対条件ではない 
・経営は自転車の運転に似ている 
・失敗しても気にしないこと 
・やりたい大きなビジョンを、大風呂敷を広げて周りの人を巻き込む 
・行動することが大事
となります。青年経済人として置かれている立場を考え、社会や地域にとって必要な企業であるためには何が必要か考えることができたと思います。

記念講演(式典部会)

記念事業(卒業式)(大会事業部会)

 吉備の国おかやま大会らしい内容と演出で、卒業予定者主役の心に残る卒業式ができました。
【実施内容 出演アーティスト:中村あゆみさん】
ゲスト紹介なしのサプライズなオープニング
1曲目:翼の折れたエンジェル(トークを交えて)
2曲目:悲しみセンセイション
3曲目:アジアの海賊
 アーティスト一旦退場し、スクリーンに卒業予定者を県連別でロール表示。
 卒業予定者をステージ前へ呼び込み、アーティスト再登場。
4曲目:僕が僕であるために *参加者全員で合唱
ラスト:BROTHER
 卒業予定者が会場センターに敷かれたピンクカーペット上を通り、退場。会場後方から祝福の紙吹雪を2回発射。

卒業予定者の登壇は行ないませんでしたが、お名前のロール表示やアーティストとの合唱、ピンクカーペット、紙吹雪での演出で心に残る卒業式ができたと思います。(卒業予定者や参加者からも称賛の声をいただけました。)

記念事業(卒業式)(大会事業部会)

エクスカーション 西大寺会陽体験ツアー(エクスカーション部会)

 全国大会のメインが2月第3土曜日にあたっていたため、エクスカーション事業で西大寺会陽に参加することは早々に決まっていました。自分たちで設営するのではなく地元の方々と協力した方がよりよい形でエクスカーションができると考え、地元の方々と交渉を進めるところからスタートしました。
 元の方々の全面協力を承諾していただいてから本格スタートし、各セクションで細かい打ち合わせを行ない、効率よく設営準備ができました。
 「本当のおもてなしとは何か?」様々な場面で問題が生じた時、メンバー全員がこの一言に妥協しなかったことが成功につながったと思います。地元の方と一体となってまつりを楽しみ、盛り上げる最高のエクスカーションをすることができました。

エクスカーション 西大寺会陽体験ツアー(エクスカーション部会)

解団式(コンファレンス部会)

 「今を超えろ!咲き誇れ!We are the YEG」を大会キャッチフレーズとして3日間開催されました大会も終わりを迎えることになりました。総勢5,974名もの登録数をいただき、全国各地からお越しのYEGの皆様方と仲間づくりが出来たと確信しています。解団式はわずか1時間という時間ではありましたが、ここに来るまでの道のりを振り返るのに充分な時間でした。岡山YEGを代表して仁戸田大会筆頭副実行委員長の挨拶に続き、和氣大会実行委員長、吉田大会会長、そして最後に常に会長へ寄り添い支えてきた塚本大会事務局長の熱い挨拶で、岡山YEGメンバーの気持ちも最高潮に達し、清々しい涙で終えることが出来ました。
 最後になりますが、全国大会を開催にするにあたり、岡山県商工会議所青年部連合会の皆様方、岡山YEGのOB・OGの皆様方、またボランティアの皆様方のご支援により、無事閉会を迎えることが出来ました。心から感謝申し上げます。
 本当にありがとうございました。

解団式(コンファレンス部会)

PAGE TOP

Copyright(c) 2020 Okayama YEG. All Rights Reserved.