岡山商工会議所青年部 29年度の活動

7月

【7月例会・政策提言ディスカッション】

 7月27日、ANAクラウンプラザホテル岡山で、平成29年度7月例会と政策提言ディスカッションを開いた。暑さが続く中、涼やかでさわやかな会にしようと多くのメンバーが浴衣姿で参加し、華やいだ雰囲気の中で進行。新入会員の「2分間スピーチ」では、オリエンテーション委員会の13人が事業内容や趣味、YEG入会動機などを緊張しながら演説。練習の成果が感じられる内容に大きな拍手を集めた。先月に続き、全委員会、会議体の理事・リーダーによるリレー形式の活動報告を行い、全員で事業進捗を確認した。
 続いて行われた政策提言ディスカッション&懇親会は、『「だったらいいな」を現実に!』と題し、食事をしながら自由に話し合うことで政策提言に触れてもらい重要性の理解と意識向上を目的に実施。テーブルごとに「空き家や空き店舗の活用」「訪れやすいまちづくり」「トップスポーツを活用したまちづくり」などのテーマで意見を出し合い発表した。藤坂浩匡常任理事は「集まった意見を政策提言会議に落とし込み、来年1月に岡山市に提言したい」と話した。
また、会場入り口付近では、岡山YEG支援隊のメンバーらが九州北部豪雨災害の復興支援募金活動を実施。多くの会員が善意の寄付に協力した。

7月例会・政策提言ディスカッション

8月

【第1回あきんど勉強会】

 8月21日、岡山国際交流センターにて第1回あきんど勉強会を開催し、96名が参加した。あきんど委員会では、自企業発展を目的とした勉強会として、まずは決算書を読み解く力を向上させ、『自企業の経営力向上に繋げよう』と考え、金融機関経験者でもある上田 真一(うえだ しんいち)氏に「自社の健康状態を知ろう~決算書の見方(味方)~」と題し、ご講演いただいた。
 講義内容では、企業を経営する上で、決算書の理解がとても重要であることや金融機関から見た決算書の見方など、参加者が今日明日からでも始められる内容をお話しいただいた。参加したメンバーからは、元銀行員の着眼点はとても新鮮で、非常に分かりやすく勉強になりました。「利は元にあり」経営者として現状の数字を読み解き、今後の業務に生かしていきたいです。などの意見をいただいた。
あきんど委員会では、『原点回帰』をテーマとした委員会事業を運営することにより、『岡山YEG長期ビジョン』に掲げる自企業成長と発展に繋がる講義を開催することが出来た。

第1回あきんど勉強会

【R53リレーション交流会】

 8月26日(土)「R53リレーション交流会」が鳥取市のホテルモナーク鳥取にて開催されました。この交流会は鳥取県・岡山県を南北に跨ぐ国道53号線に架かる鳥取YEG・津山YEG・岡山YEGの合同交流会としており、
当日は岡山YEGから対外交流委員会のもと75名が参加し、総勢161名での交流会となりました。日本商工会議所青年部会長 吉田 大助氏 の挨拶に始まり中国ブロック商工会議所青年部連合会会長 江草 大地氏 による乾杯のご発声にて開宴となりました。会場の席次は職業別に分かれており、ビジネスの話も交えながら親睦を深めました。中ほどでの単会活動報告では各単会の取り組みやイベントの告知などを通じ、互いを刺激し合い単会のスキルアップを図りました。
 また日本YEG出向者、鳥取、津山、岡山対抗アトラクションも行われ会場を大いに盛り上げました。当日早朝には、単会対抗ゴルフ大会も開催され、結果はもとより参加会員同士の絆を深めあう事ができました。
 結びに鳥取商工会議所青年部直前会長 牧浦 健泰氏 による中締めの挨拶にて9月29日・30日に開催される第35回中国ブロック大会三次大会での再会を誓い閉会となりました。

R53リレーション交流会

【8月例会】

8月29日、ラヴィール岡山で、平成29年度8月例会を開いた。6月例会から行っている新会員の登竜門「2分間スピーチ」では、オリエンテーション委員会の10人が登壇し、メンバーに顔と名前を覚えてもらおうと緊張しながらも自社の事業内容やYEGへの入会動機などを話しアピールした。また、9月29、30日に行われる「日本商工会議所青年部第35回中国ブロック大会三次大会」のPRに江草大地中国ブロック商工会議所青年部連合会長らが来場。VTRで大会概要を説明し、「交流を通じて情報や刺激を持ち帰り、地域や自企業の発展につなげてもらいたい」と多くの参加を呼び掛けた。
 8月は時短例会のため、例会後は会議体、各委員会ごとに分かれて交流を深めた。

8月例会

9月

【第34回 四国ブロック大会えひめ松山大会】

9月22日(金) 23日(土)愛媛県松山市にて開催された日本商工会議所青年部第34回四国ブロック大会えひめ松山大会が開催され
岡山YEGからは他ブロックにもかかわらず42名という大人数で参加して参りました。
今年度の四国ブロックのスローガン『SHARE OF YEG』には四国のYEGは一つであるとの思いが込められているようです。そのスローガンの通り四国ブロックのYEGメンバーは一体感があり一丸となって大会を盛り上げており、活気あふれる素晴らしい大会となりました。

第34回 四国ブロック大会えひめ松山大会

【次代へ繋がる政策提言に向けた岡山市職員との懇話会】

9月19日(火)に岡山国際交流センターにて「時代へ繋がる政策提言に向けた岡山市職員と岡山YEGメンバーとの懇話会」を開催致しました。
政策提言会議体のもと岡山YEGからは理事以上で参加を募らせていただき、岡山市の若手職員の方々を交えて総勢32名で開催されました。

次代へ繋がる政策提言に向けた岡山市職員との懇話会

【9月例会】

9月28日、岡山プラザホテルにて、平成29年度通常総会と9月例会を開催した。総会では、平成30年度の会長候補者として三洋エンジニアリング㈱社長の塚本晃久氏を選任し、副会長6人、専務理事1人も予定者として承認。塚本会長予定者が「情熱と誇りを胸に、活発で希望の持てる岡山YEGの未来を共に創りたい」と抱負を述べた。
例会では、研修期間を終えた前期新入会員40人の委員会、会議体への配属式を実施。
また、今年度、岡山から初選出された日本YEGの吉田大助会長や内田茂伸次年度会長予定者らを迎えたパネルディスカッションを行い、全国大会開催のエピソードや会を通じて得たものなどを意見交換。平成28年に岡山で行われた全国大会を経験していない会員が増えてきている中、大会の意義を知る貴重な時間となった。

9月例会

【第35回中国ブロック大会 三次大会】

 平成29年9月29日(金)平成29年9月30日(土)の二日間に亘り第35回中国ブロック大会三次大会が「巴~流れ集いてひとすじに~」をスローガンに三次市の「広島県立みよし公園(カルチャーセンター)」を主会場として開催され、中国ブロックのYEG46単会が集合しました。
 記念式典では、主催者代表挨拶として中国ブロック商工会議所青年部連合会 会長の
江草 大地氏による代表挨拶により幕を開け、私たち岡山YEGから輩出した日本商工会議所青年部会長の吉田 大助氏と、日本商工会議所会頭の三村 明夫氏が挨拶を述べました。
 式典の最後には次大会の開催地である、防府YEGにブロック旗が引き継がれた。
 その後、特別分科会をはじめ9つの分科会に分かれて会員間での情報交換や交流がなされました。
18時からは、「大懇親会」が広島みよし公園アリーナにて開かれ開催地三次のご当地グルメや産物を販売する「物産展」も同時開催されました。
 
 今回、開催地となった三次YEGが事業推進する「三次唐麺」を街全体が一体となり盛り上げるなど一つの名物になっていました。そんな三次を十分満喫しつつ、全日程が無事に終了いたしました。今大会で得たものを次に繋げていきたいと考えています。

第35回中国ブロック大会 三次大会
1 2 3 4

PAGE TOP

Copyright(c) 2020 Okayama YEG. All Rights Reserved.