岡山商工会議所青年部30年度の活動

座談会

2018 年2 月28 日 岡山商工会議所 特別応接室にて

(出席者)
 ・岡﨑 彬(岡山商工会議所会頭)
 ・塚本晃久(30 年度会長)
 ・佐藤一平(30 年度直前会長)
 ・小川大志(30 年度専務理事)

佐藤: 平成29年度は大変お世話になりました。岡山YEGを代表して吉田大助君 が日本YEG の会長となり、昨年4 月の激励会開催、創立25周年記念事業橋 下徹講演会、また今年2月に開催した創立25 周年記念式典・祝賀会など、親 会の皆様からさまざまなご支援をいただきありがとうございました。
岡﨑: 岡山YEG にとって大きな節目の1 年となりましたね。2年前の全国大会が終 わり、昨年度は日本YEG会長も輩出し、これで少し一段落されますが。ま だまだ頑張ってください。
佐藤: 私も、会長をさせていただき、全国から注目されている団体だと改めて実感 した1年でした。
佐藤: 本日は、30 年度の活動方針などを塚本会長からお伝えさせていただきたいと 思います。

ハイブリッドで各団体と連携
塚本: 私は30 年度が入会20 年目に当たり、長年岡山YEG を見て参りました。親会 は常に温かくYEG を見守り応援してくださる存在ですが、親会をもっといい 意味で利用し協力、連携していくべきと思っています。そうした中で、「ハイ ブリッド」(融合)をキーワードに、親会だけでなく行政や他の単会、各種団 体と連携、協力する1 年にしたいと考えています。
また、5 年間の長期ビジョンが新しくスタートする年度でもあり、全国大会モー ドから一度リセットし足元を見つめ、地域に必要な団体になるために「郷土 の名も無きHEROES ︕それが岡山YEG ︕」を新長期ビジョンのスローガン に掲げました。親会の事業計画書をしっかり見ながら、動向を把握し、行政・ 他団体と連携することで長期ビジョン実現に向けて各委員会・会議体で取り 組みたいと思います。

岡﨑 岡山YEG は本当にしっかり活動していて立派だと思います。全国的に見て親 会とYEG の関係には2 種類あり、一つは親会の手足となって下請けとして活 動すること、もう一つは独立して活動することです。岡山は後者で、いい形 でみんなが考え活動し成長しています。YEG、女性会、親会がそれぞれ同じ ベクトルで活動することで、互いにいろいろなことに気付くことができます。 親会が行う委員会にYEG メンバーが参加する機会も増えており、理解して持 ち帰ってもらうことで「親会がこう動いているので我々はこうしよう」とい うように活動してもらいたいですね。
小川: 岡山YEG の理事が親会の委員会にオブザーブ出席させて頂いた際には、必ず どのような内容の議論が行われ、どういう話になり、どのように計画されて いるのかなどを、理事の中で共有するよう徹底しています。

世代交代が急激に進行
塚本: 30 年度は17 委員会320 人を超える体制でスタートします。ただし、年度末 には二人の会長経験者を含む32 人が卒業されることで、世代交代が急激に進 みます。私が一番の古株になるので、守るべきものは守り、若者らしく変え ていけるところは変えていきながら未来に向けた組織を作っていこうと思っ ています。
 従来の「岡山市民の日」活動を継続するほか、「うらじゃまつり」の支援や 海外留学生との交流なども取り入れる考えです。引き続き、ファジアーノ岡 山や岡山シーガルズの応援ツアーを企画するなど地域スポーツ支援にも取り 組みます。

小川: また、岡山市民の日は、制定から7 年目を迎えます。「岡山市民の日推進協議 会」を再構築し、改めて、ハイブリッドし、郷土岡山を盛り上げるよう推進 したいですね。
塚本: 5 月には親会とYEG の共催で大森岡山市長や岡山大学の教授、ゲストスピー カーなどが参加する「まちづくりシンポジウム」も開かれます。岡山のこと を考える絶好の機会となると思いますので、よろしくお願いいたします。
 本日は、お忙しいところありがとうございました。

平成30年度 会長
塚本 晃久
Akihisa Tsukamoto

生年月日
昭和45年7月27日

現 職
三洋エンジニアリング株式会社 代表取締役社長
〒700-0973
岡山市北区下中野348-103 幸栄ビル
TEL.086-241-7711

【岡山商工会議所 青年部 略歴】
平成11年4月入会
平成22年度 委員(政令市記念プロジェクト委員会)
平成23年度 副委員長(会員交流委員会)
平成24年度 理事委員長(岡山市民の日推進委員会)
6月1日岡山市民の日実行委員会 総務部会長)
平成25年度 委員(全国大会準備委員会)
平成26年度 副委員長(親睦委員会)
日本商工会議所青年部 企画委員会 専門委員
平成27年度 専務理事
全国大会吉備の国おかやま大会実行委員会 事務局長
平成28年度 副会長(岡山未来ユニット担当)
平成29年度 副会長(特別ユニット担当)
日本商工会議所青年部 企画委員会 副委員長
平成25年度 理事委員長(渉外委員会)
平成26年度 副会長(全国大会準備室担当)

平成30年度会長 塚本 晃久の画像

岡山YEG 長期ビジョンとスローガン

「The Hybrid YEG」
~ “ONE” 想いを結び共に未来へ ~

【基本方針】

【はじめに】

我々の愛する郷土岡山の~若き企業家集団~として、認知してもらいたい、もっと必要とされたい。また多くの仲間たちと交流し切磋琢磨したい。先人たちの飽くなき探求と広い視野で我々岡山YEGは、25年間成長と進化を続けてきました。これまで築き上げていただきましたのは、歴代会長をはじめとするOB・OGの指導力、親会からの温かい応援、行政との太い繋がり、日本YEGや他単会との相互理解の賜物であると確信しています。そしてこれからも、我々岡山YEGは、次代への先導者としての責任を自覚し、多くの仲間と共に、この成長と進化を実践し、平成最後の年度を意識しながら新しい次代に向かって、共に想いを結んで参りましょう。

【長期ビジョンと近況】

本年度は5年間の新しい長期ビジョンの初年度として、情熱と誇りを胸に活発で希望の持てる未来の岡山YEGをメンバー全員で描き、しっかりとした土台を造りたいと考えています。そのためには、それぞれの理事がしっかりと自覚を持ち、この新しい長期ビジョンを1日も早く浸透していかなければなりません。変化に怯えることなく次代に向かって「考動」できる郷土の名も無きHEROESとして、未来に向かって確かな一歩を全員で踏み出して参りましょう。我々が生活し、経済活動を行っているこの地域(郷土おかやま)は、広域的役割への期待、国際的な相互連関の深まり、IT化により好影響がみられるものの、生産年齢人口の減少により、人手不足・後継者不足が課題になり、事業継承問題やM&Aなどが表面化し、中小零細企業の減少が加速しています。これは、全国のYEGメンバーも共通の課題を抱えています。日本YEG・中国ブロック・岡山県青連、そして親会といった集合体でこれらの課題を共有し、若い発想力でビジネスチャンスと捉え、自企業成長に繋げるために、積極的な交流を行い、研鑽に努めて参りましょう。また、行政(岡山市)・親会・他団体との情報交換、相互交流を図る事で、地域に必要な団体として更に進化し、岡山YEGブランドの確立に繋げて参りましょう。

【スローガン】

岡山YEGは、メンバー同志が親睦と連携を密にし、企業経営者としての研鑽を積み、親会への協力と地域振興を図る事を目的としています。そこで本年度スローガンとして「The Hybrid YEG」 ~ “ONE” 想いを結び共に未来へ ~ とします。行政・親会・他団体等、お互いの良いところを融合(Hybrid)する事はとても大切な反面、踏み出す勇気と情熱、そして準備がなければ前進する事はできません。それぞれを認め合い、知り、体感する事で、時代変化に立ち向かうことが出来る強い組織となって参ります。そして、メンバーにとっても様々な事業活動を通じて融合(Hybrid)し、参加する側、設営する側の双方を共有することで、こころをひとつ(ONE)に通じ合わせ、自己成長に繋げる事を期待すると同時に、自企業発展における様々な課題を「Hybrid」というキーワードで克服できる機会になることを願っています。

【会議ユニット】

我々は何を求めてこの組織に所属し、なぜ事業活動を行っているのだろう。我々が目指す未来に向かって、固い糸で紡いでいくにはどうあるべきだろう。単会運営を行う中で、頼るべき集団は会議ユニットであります。我々の宝物の一つである長期ビジョンや政策提言を推進し、ニーズを捉えた明日の岡山YEGにするために、チャレンジして参りましょう。

【会員ユニット】

我々の誇れる活動の一つに全員が集うことができる例会・懇親会があります。これは、今まで築き上げた同志が、魅力あふれる時間にすべく、オンとオフの切り替えを効率よく実践し、企画・運営を主体的に取り組んでいる証拠でもあります。本年度も更に磨きをかけて、志高いメンバーが一堂に会し、新しい機会やワクワクするような時間を共有することで、岡山YEGの原動力の証にして参りましょう。

【ビジネス・国際ユニット】

ビジネスに繋がる情報収集や発信、広域的なビジネス連携が図れる交流会、自己成長に繋がる講演会等のニーズがメンバーから多く寄せられています。また、国際人としての教養を高める事は、若き企業家集団として必要な心得です。親会・行政・日本YEG等の国際活動を意識し、企業経営者としての研鑽を積む事が出来る団体として更に進化し、時代変化をチャンスと捉え、自企業発展に努めて参りましょう。

【OKAYAMAユニット】

我々の提言により、6月1日岡山市民の日が制定されて7年目になります。この大切な日を大きく育てていくためには、親会・行政・他団体を更に巻き込む必要があります。OKAYAMAに暮らし、経済活動を行っている我々の責任を果たして参りましょう。そして、先人たちのご努力により親会・岡山市とのパイプが太くなり、お互いの理解が深まっている今こそ融合(Hybrid)して参りましょう。

【文化スポーツユニット】

私たちのまちには、500年以上の伝統を刻み、備前平野に春を呼ぶ西大寺会陽があり、岡山YEGの歴史と同じく、おかやまの夏を彩るまつりとしてうらじゃがあります。郷土の名も無きHEROESを目指すべく、歴史を学び、できる事から始めてみる1年にしていきましょう。また、地元スポーツを応援する事で、郷土愛と一体感を共有し、仲間との大切な時間を創出して参りましょう。

【交流ユニット】

人は人によってしか磨かれない、全国・中国ブロックそして岡山県内に志を同じくする仲間がいます。我々はその仲間たちとの交流の場を、全国大会という手段で2年前に創り上げる事ができました。様々な交流の形がある中で、求められている事を理解し表現する事の大切さを我々は知っています。熱い情熱(passion)で積極的に交流を図り、多くの仲間たちと繋がり、自らを磨いて参りましょう。

【POWERユニット】

結束力の強い組織を作るためには、我々の目的や進むべき未来を全員で共有しなければなりません。そして、組織の力(POWER)は数も大切ですが、中身も更に大切です。我々や親会の活動を理解いただき、主体的に取り組むことができるよう、丁寧に伝える事が求められています。そして次代に輝く岡山YEGのために様々な業種や地域から同志(名も無きHEROES)を拡げて参りましょう。

【支援ユニット】

不易流行。我々には、バランス感覚が求められると同時に単年度制であるが故に継続する事の難しさ、また変えてはいけない大切なものがあります。創造・整理・原点を意識しながら、大きく加速している情報化の中で、効果的・効率的に伝える手段を使い、素早く正確に発信し、単会の活動を円滑に進行して参りましょう。

4月

【第59回通常総会、平成30年度4月例会、OB・OG合同懇親会】

4月25日、岡山プラザホテルにて「第59回通常総会、平成30年度4月例会、OB・OG合同懇親会」を開催し、来賓として伊原木岡山県知事、佐々木岡山副市長、岡﨑会頭らが臨席したほか、岡山YEGのOB・OG43名も出席した。
通常総会では、塚本会長が「岡山YEGの原動力は、会員の皆さんが会の中での立場や役回りを責任もって果たし互いの信用・信頼につなげていること。今年度から『~次代の岡山を切り拓け~郷土の名も無きHEROES!それが岡山YEG!』をスローガンとする5年間の新長期ビジョンがスタートした。会員間の連携をさらに強化し、自企業を発展させると共に地域に貢献していこう」とあいさつ。その後、平成29年度事業報告や同30年度事業計画を承認した。
例会では、今年度前期新会員23名へのバッジ授与式や長期ビジョンの紹介、「岡山市民の日」の活動報告などを実施。引き続き行われた懇親会で、行政や親会関係者、OB・OGなどを前に17の委員会・会議体が活動方針を発表した。行政・他団体との融合をキーワードとした今年度の岡山YEGスローガン「The Hybrid YEG~“ONE”想いを結び共に未来へ~」のスタートにふさわしい会となった。

第59回通常総会、平成30年度4月例会、OB・OG合同懇親会

【おかやま西大寺マラソン2018】

 4月22日、西大寺観音院周辺で「おかやま西大寺マラソン2018」が開かれ、岡山YEGから43人がボランティアスタッフとして参加し、駐車場(1350台)の管理や警備誘導などを行った。大会には、市民ランナーら過去最多となる3870人がエントリーし、晴天の下3km、10kmコースで健脚を競った。また、「6月1日岡山市民の日」の推進事業として、チラシ配りと岡山市民の日委員会によるPR活動も行った。
同マラソンは、2012年に岡山YEGが立ち上げた事業で、岡山商工会議所などで組織する実行委員会が主催し、地元中心のボランティアで運営している。今年で7回目。

第59回通常総会、平成30年度4月例会、OB・OG合同懇親会

5月

【第1回まちづくりシンポジウム】

「第1回まちづくりシンポジウム」が5月31日、山陽新聞社さん太ホールにて行われた。(主催/岡山商工会議所、岡山商工会議所青年部、共催/岡山市、岡山大学、㈱日本政策投資銀行、後援/山陽新聞社、RSK山陽放送、OHK岡山放送、TSCテレビせとうち)
岡山商工会議所の岡﨑彬会頭の開会挨拶から始まり、来賓の大森雅夫岡山市長、高橋香代岡山大学理事・副学長が挨拶した。 第一部講演会では(一財)日本経済研究所の大西達也常務理事が、地域の賑わいを再生・創出するためには、交流人口を増やす事が必要であり、そのためには観光から「シティプロモーション」への移行がカギと紹介。また、岡山大学大学院環境生命科学研究科の氏原岳人准教授が、公共交通先進都市ストラスブール(フランス)の例を挙げ、車中心から人中心の都市空間へ住みやすさを効率的に高めるには移動手段である公共交通が重要と述べた。
その後、岡山YEGが6月1日岡山市民の日PRを行った。
第二部のパネルディスカッションでは、古市大藏岡山商工会議所運営委員長をモデレーターに「千客万来都市おかやまを目指して」をテーマに大西氏、氏原氏、栗田泰正岡山市都市整備局都市・交通・公園担当局長、髙谷昌宏岡山商工会議所副会頭、福原弘之岡山YEG副会長が登壇。それぞれの立場で魅力あるまちづくりを目指して現状の岡山の街の問題点と課題について意見交換した。最後に岡山YEGの塚本晃久会長が閉会の挨拶をした。
シンポジウムの後、岡山駅前広場にて岡山YEGメンバー約70名が翌日に迫った「6月1日岡山市民の日」推進PR活動を実施。より多くの市民がもっと岡山を好きになってくれたらという想いを込めた熱い活動ができた。

第1回まちづくりシンポジウム

6月

【6月1日岡山市民の日シンポジウム】

 6月22日、岡山国際ホテルにて行われた6月例会後に「6月1日岡山市民の日シンポジウム 巻き起こせ!!市民ムーブメント!!」を開催した。
 パネリストに岡山市市民協働局課長・猪早倫子氏、岡山商工会議所副会頭・髙谷昌宏氏、同商工会議所女性会会長・高田美紀子氏、岡山市商店会連合会会長・長谷川誠氏、岡山青年会議所副理事長・岸紘史氏を迎え、岡山YEG平成29年度まちづくり担当副会長・杉本宏がコーディネーターを務めて実施。それぞれの立場で、岡山市民の日の目的や今後の普及・推進と連携について意見交換した。
およそ200人の岡山YEGメンバーが参加し、郷土岡山市への愛着度を高めていく想いを共有できた。

6月1日岡山市民の日シンポジウム

【県青連第7回会員大会 玉島大会】

 6月30日、くらしき作陽大学にて「岡山県商工会議所青年部連合会 第7回会員大会 玉島大会」が開催され、岡山YEGからは131人が参加した。玉島YEGの主管で「“一座建立”~人と地域がつながる未来へ~」をテーマに、記念式典、物産展、分科会、大懇親会を実施。同大学生によるCOC地(知)の拠点の事業発表もあった。
分科会の一つ「OKAYAMA県連ビジネスEXPO」には岡山YEGから21ブースを出展し、県内12YEGの会員とビジネスで交流。日中は豪雨に見舞われたが、夕方には晴れ間が広がり中庭で開催された大懇親会は大いに盛り上がった。
岡山県内の他YEGとの融合(Hybrid)および情報交換、コミュニケーションが図れ、有意義な時間を過ごすことができた。

6月1日岡山市民の日シンポジウム
1 2 3 4

PAGE TOP

Copyright(c) 2020 Okayama YEG. All Rights Reserved.