1. HOME >
  2. 玉島JCコンテンツ >
  3. 2019年度 委員会事業計画

玉島JCコンテンツ

委員会事業計画

総務広報委員会

委員長 守屋 喜博

 

kameyama玉島青年会議所が今年で創立より63年目を迎えたことは、先輩諸兄が修練・奉仕・友情の三信条のもと、その時代ごとの課題と真摯に向き合い、志と情熱を持って取り組んで来た証です。その運動の灯を絶やすことなく継承し、あらゆる物事に対して、しっかり自分の考えを持ち、未来への方向性を見定めていくことで、可能性が無限に広がり、「明るい豊かな社会」へと繋がっていきます。歴の浅いメンバーが増えている中で、青年会議所運動の目的や心構えを理解することが必要です。その為には、しっかりとしたサポートをしていかなければなりません。

総務広報委員会は玉島青年会議所の根幹をなす委員会であります。それには厳格なルールを遵守し、堅実に運営をしていくことが重要です。そして物事の意味や目的を伝えて、一丸となり取り組んでいきます。それによりスムーズな運営や事業の効率化が図られ、玉島青年会議所の活性化に繋がります。まずは2019年度の出発となる新春会から始まり、例会の開催、総会の設営、新会員研修会など厳粛な会を設営して参ります。そして特別会員との交流、親睦を図り、連携を深めると共に、多くの気づきを得て、より有意義なものへとしていきます。そして広報ではホームページやSNSそれぞれの特性を活かして、事業報告のみならず、活動しているメンバーに焦点を当てて発信していくことで、玉島青年会議所に対する興味や関心を抱き、理解を促進することで、ブランド価値が高まり会員拡大に繋がっていきます。

スローガン「TRY」のもと、何事にも恐れずに向上心を持ち続け、玉島青年会議所を引っ張っていきます。そして玉島青年会議所メンバーと共に、玉島・浅口・船穂地域の「明るい豊かな社会」への実現に向けて、全力で邁進します。

地域創生委員会

委員長 亀山 陽

kanatani

玉島青年会議所の62年の歴史において、先輩諸兄が「明るい豊かな社会の実現」のために「志」と「情熱」を持って、青年会議所運動が継承されてまいりました。この素晴らしい運動を未来へと引き継ぎ、玉島青年会議所が地域の皆様に必要とされ続けるために、地域創生委員会は、失敗を恐れず、何事にも「TRY」し続けます。

まちづくり事業として、「わくわくキッズフェス お仕事チャレンジ」を開催致します。本事業は、2017年度、2018年度と開催され地域の皆様に、玉島青年会議所の運動をしっかりと発信し、認知していただく事ができました。本年度の設営におきましても、過去に積み上げられたてきたノウハウをしっかりと生かした設営を行い、玉島青年会議所の運動を地域の皆様にしっかりと発信します。また、本年度の特色として、事業を通じて子供たちに夢を与えられる事業の設営に「TRY」致します。

全ての事業において、役職にこだわらず、色々なメンバーがチャンスを得ることができ、事業を通じて私たちメンバーの成長に繋げられるような設営を行います。私たちの成長が地域や社業の成長に繋がり更には家族の幸せに繋がると信じ、全ての行動を青年会議所で得られる成果とエネルギー、メンバーの成長へと変えていきます。そして、地域に誇りを持つ人材を増やし、地域の魅力を強く発信し、魅力ある玉島・浅口・船穂地域の創造に邁進して参ります。

会員拡大室

副室長 武政 智哉

kikuchi

玉島青年会議所はこれまで62年にわたり玉島、浅口、船穂地域の青年経済人を多く輩出し、明るく豊かな社会の実現のため、英知と勇気と情熱を持って運動に取り組んできたことで今日の社会が実現しています。
2018年度のスローガン「繋がり」のもと、多くの新会員が入会しました。「人財、人は財なり」という言葉があります。企業も青年会議所も人で成り立っています。会員数の減少は、LOMの将来の基盤を作る上で大きな問題となります。そのため2019年度も引き続き会員拡大の光を閉ざさぬよう、LOM増強のため新会員の勧誘、拡大に向けてトライしていきます。

私は玉島地域で生活・仕事をするにあたり、人脈を増やしたい、地域の方々と繋がりたいという想いで玉島青年会議所に入会しました。その結果、メンバーや卒業生先輩の方々、そして活動を行っている中で地域の方々と繋がることが出来たりと新たな世界を発見することが出来ました。そうした経験をもとに、新会員拡大にあたっては40歳が定年の団体である「大人の学び舎」の仲間として一緒に活動をやっていこう、やってみようという熱き想いを伝えて会員拡大活動に邁進していきます。また、女性活躍が大きく報道、注目される時代となり、玉島青年会議所としてもLOM内に新しい発見や考えを取り入れるためにも女性会員の拡大に関しても邁進していきます。我々会員拡大室がメンバーに過去、現在、未来の情報を発信し共有し続けることでメンバー同士の意識向上、まずはやってみようと考動することで新たな学びを得ることが出来ると確信しております。

何事においても実行する、行動を起こさなければ仲間にも地域の皆様にも想いは伝わりません。まずは自分自身が先頭に立ち率先して行動し結果を出していきたいと考えております。

ページトップ