トップページ > 検索結果一覧 > 箱守 英史

箱守 英史

専門家検索

幅広い知識と高度な専門性のあるサービスの提供のために

大学で理工学部に入学してメーカーに勤務しましたが,弁理士試験への挑戦をきっかけに,法律の専門家になることを決意しました。司法試験に合格した後は,岡山の弁護士事務所で企業法務を中心に取り扱っていました。2019年1月に箱守法律事務所として開業しました。
理科系のバックグラウンド,大手特許事務所での勤務経験,地域企業からのたくさんの法律相談に対応させていただいた実績を生かして,皆さまに高い専門性のあるリーガルサービスを提供していきたいと思います。また,企業の経営を幅広くサポートすることができるように,会計系の資格の取得などを通じて幅広い見識を身に着けることができるよう日々努力しています。

業種

専門分野 経営戦略、経営計画、事業計画、事業化等、事業承継等, 人事管理、賃金制度、評価制度、職務能力開発, 就業規則、社員教育, 労働安全衛生, 特許, 取引契約、開学取引等
関連業界 農林水産, 窯業・土石, 建設, 住宅関連, 食品・飲料, 繊維・衣服, 紙・パルプ, 化学, 医薬・化粧品, 鉄鋼・金属, 機械, 電機・電子機器, 印刷・出版, その他製造, 卸売, 小売, 金融, 不動産, 飲食, ホテル・旅館, 運輸・倉庫, 医療, 情報・通信, その他サービス

資格

2005/11  弁理士試験合格
2006/1  TOEIC950点(参考)
2010/9  司法試験合格(弁護士)
2016/3  AFP(Affiliated Financial Planner)登録
2017/2  全国経理教育協会簿記能力検定 上級 合格
2018/6   日商簿記検定試験1級 合格

実績

弁護士として顧問先企業の法律相談業務,示談交渉,訴訟対応などをしてきました。企業の業種等は,主として,新聞・広告業,食品商社,不動産賃貸業,学校法人,製造業などになります。

(日常的な法律相談)
顧問先企業に定期的に訪問して日常的な法律相談に対応していました。労働問題に関する相談が多く,人事異動の可否,懲戒処分の軽重,メンタルヘルスに関する問題,各種ハラスメントに対する対応などにつき,法的アドヴァイスを提供しています。
また,会社法関係の相談もしばしばありました。取締役の報酬決定や取締役会の出席義務などに関する相談や,所在不明の株主への対応などについて法的助言をしています。

(契約書の作成など)
・一般的な契約書のリーガルチェックに関しては常時行っていました。
・特許のライセンス契約,共同研究契約などのリーガルチェック,著作権譲渡を含むコンテンツの譲渡契約書の作成などを行っています。
・個人情報保護規定などのリーガルチェック,就業規則の改正などの業務も行っています。

(その他)
このほか,債権回収や取引先の破綻時の対応などについて法的なアドヴァイスを提供しています。また,債務整理(法人破産申立),事業承継に関する一般的なアドヴァイスの提供,退職従業員の競業避止義務違反に関する法律相談など多数の法律問題に対応しています。

(調査など)
・従業員からのセクシュアルハラスメントに基づく損害賠償請求について,セクシュアルハラスメントの事実の有無の調査,被疑従業員の配置転換,請求者との示談交渉などを行い,訴訟を経ることなく事案を解決ました。
・従業員の不祥事が疑われる事案につき,第三者的な立場での調査をして使用者側に報告しています。この報告により事実を確定して,適切な処分をすることができました。

(訴訟代理)
労働問題に関しては,労災民事訴訟の代理人,未払い賃金訴訟の会社側代理人,解雇無効確認訴訟の会社側代理人などの訴訟代理により中小企業側から対応をしています。また,インターネット上の発信者情報開示訴訟の代理人を務めて勝訴判決を得ています。知的財産分野では,特許権移転登録請求事件の代理人も務めています。

経歴

 1998/ 3  早稲田大学理工学部応用化学科 卒業(化学工学専攻)
~2001/ 5  大日本印刷建材株式会社 (技術職)
~2007/ 1  杉村特許事務所入所(特許技術職,弁理士)
 2010/ 3  岡山大学法科大学院 修了
 2011/11  最高裁判所司法修習生(第64期)
~2018/12  弁護士法人菊池綜合法律事務所(弁護士)
 2019/ 1~  箱守法律事務所開業(代表弁護士)
 2014/ 4~  岡山大学大学院法務研究科非常勤講師(知的財産法Ⅱ)

氏名 箱守 英史
事業所 岡山市北区下石井1-1-1アーバンオフィスビル2階203号室
TEL 086-231-1122
URL https://hkt-law.jp/

ホームページを見る

  • 直接専門家に相談する
  • この専門家を財団に相談する

このページの先頭へ