トップページ > イベント一覧 > 岡山県異業種交流プラザ協議会 平成30年度特別セミナー

岡山県異業種交流プラザ協議会 平成30年度特別セミナー

財団|2018年09月27日(木) | カテゴリー:セミナー, イベント

掲載期間を終了しています。

岡山県異業種交流プラザ協議会は、県内の中小企業経営者を主体とした10プラザ、199名で構成され、相互連携による経営諸問題の解決や経営者としての資質向上、視野識見の拡大に取り組んでいます。
このたび、当協議会と公益財団法人岡山県産業振興財団では、昨年8月、内燃機関の理想を追求した次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を発表したマツダにおいて、商品戦略を牽引する工藤秀俊氏と、従来の服薬の常識を変えた世界初の服薬補助ゼリーを開発した龍角散初の女性執行役員、福居篤子氏を講師に迎え、「平成30年度特別セミナー」を開催いたします。
多数のご参加をお待ちしております!!

◇日 時  平成30年927日(木) 15:00~17:30
◇会 場  アークホテル岡山 3F「牡丹の間」 (岡山市北区下石井2-6-1/岡山駅徒歩7分)
◇主 催  岡山県異業種交流プラザ協議会、公益財団法人岡山県産業振興財団
◇後 援  岡山県、岡山県商工会議所連合会、岡山県商工会連合会、岡山県中小企業団体中央会
◇参加費   無料
◇定員等   130名(定員に達し次第、締め切ります)
◇参加申込  下記申込メールフォームよりお申し込みください ※9月18日(火)まで

◇プログラム

 15:00~15:10
  主催者挨拶      岡山県異業種交流プラザ協議会 会長 小川 健

 15:10~16:10
  講演Ⅰ 『「サステイナブルZoom Zoom 宣言2030」に基づくマツダの技術戦略』
         マツダ株式会社 執行役員 R&D管理・商品戦略担当 工藤 秀俊 氏
                      
     ≪内容≫
       100年に一度の変革期と呼ばれる今日、自動車各社のCASE対応戦略が問われています。
        2020年に創業100周年を迎えるマツダが今後も存続するためには、時代に応じて変化しつつも、
        企業理念に基づく独自性の維持が鍵となります。
        本講演では、この考え方に基づく電動化/自動化戦略をご紹介いただきます。


 16:10~16:25
  コーヒーブレイク

 16:25~17:25
  講演Ⅱ 『消費者目線で開発した世界初の「服薬補助ゼリー」で社内も変革
          ~ヒット商品を生んだチャレンジ精神~』

                         株式会社龍角散 執行役員 開発本部長 福居 篤子 氏
            
                      ≪内容≫
      薬は水や白湯で服用するもの、という常識に挑戦し、誰でも安全に使用できる「服薬補助ゼリー」を
       開発した龍角散の福居篤子さん。世界で初めてのカテゴリーの製品を開発することは楽しく、困難なこと
       だと彼女は言います。老舗で女性が社内説得からスタートし、ヒット商品に育て上げたチャレンジ精神を
       ご講演いただきます。


 17:25~17:30
  謝 辞          公益財団法人岡山県産業振興財団 理事長 三宅 昇

◇お申し込み・お問い合わせ先
   公益財団法人岡山県産業振興財団 ものづくり支援部 研究開発支援課 担当:入江・竹内
    TEL 086-286-9652 FAX 086-286-9675 E-mail:sangaku@optic.or.jp
開催日 2018/09/27
申し込み受付期間 2018/08/27 ~ 2018/09/18
申し込み方法 応募期間は終了しました
担当部署 岡山県産業振興財団
募集人数 130人
開催時刻 15:00
イベントのアクセス数 2606

財団の関連事業へのリンク


このページの先頭へ