トップページ > イベント一覧 > 第2回EV関連技術情報発信セミナー 「CASE到来を見据えたビジネス戦略と技術動向」

第2回EV関連技術情報発信セミナー 「CASE到来を見据えたビジネス戦略と技術動向」

財団|2020年02月05日(水) | カテゴリー:セミナー

掲載期間を終了しています。

第2回EV関連技術情報発信セミナー
「CASE到来を見据えたビジネス戦略と技術動向」を開催します。


このたび、岡山県及び(公財)岡山県産業振興財団では、県内自動車関連企業等が今後のEVの普及に伴い新たに必要になる技術や部品製造に対応できるよう、各分野の最新情報を得ることを目的に下記のとおりセミナーを開催いたしますので、ぜひご参加ください。
 
                   記
 
1 開催日  令和2年2月5日(水) 13:30~16:45

2 場 所  岡山
ロイヤルホテル 光楽の間 (岡山市北区絵図町2-4)

3 内 容

時 間 プログラム
13:30~
15:00
【講演1】
『「CASE」がもたらすモビリティビジネスの変化』
 アクセンチュア㈱ 戦略コンサルティング本部
  
マネジング・ディレクター 川原 英司 氏
 

自動車業界の大変化「CASE」の進展により、自動車産業やモビリティのパラダイムシフトが起ころうとしている。こうした業界変革期の生き残り戦略・成長戦略の方向性についてグーグル、ソフトバンク等のIT業界や通信、ハイテク、金融、エネルギー等様々な関連業界の視点で解説する。
15:00~
15:15
  休 憩
15:15~
16:45
【講演2】
『テスラ・モデル3分解から読み解く次世代自動車に
 求められる パワーデバイス応用技術最前線』
 名古屋大学 未来材料・システム研究所
  
システム応用部 教授 山本 真義 氏
 
大きな市場を持つことが確実である次世代自動車応用分野において、今後益々要求が高まるパワーエレクトロニクス技術にどの様な性能が求められるのかを、自動車・Tier1メーカからの応用側の要求を掲示する。さらに、48V車、HEV、EV等それぞれのパワーデバイスへの期待に対して、低コスト化、小型軽量化、高効率化をどの様に解決していくかについて具体的な手法を解説する。
4 対象者  県内自動車関連企業またはEVシフトに伴う最新情報に関心のある事業者等

5 定 員  100名程度

6 参加費用  無料

7 申込方法  下記申込書に必要事項をご記入の上、連絡窓口宛てFAXまたはメール。

8 申込締切  令和2年1月31日(金)17:00必着

9 申込先  (公財)岡山県産業振興財団 研究開発支援課 勝野、柘野
       TEL 086-286-9651   FAX 086-286-9676
       E-mail jidousya@optic.or.jp  


開催日 2020/02/05
申し込み受付期間 2019/12/16 ~ 2020/01/31
申し込み方法 応募期間は終了しました
担当部署 岡山県産業振興財団
募集人数 100人
開催時刻 13:30
イベントのアクセス数 920

財団の関連事業へのリンク


このページの先頭へ