トップページ > イベント一覧 > No.14 生産現場の機械保全技術研修

No.14 生産現場の機械保全技術研修

財団|2020年11月11日(水) | カテゴリー:研修



                                     令和2度ものづくり人材育成研修事業
                                  主催 岡山県・(公財)岡山県産業振興財団


受付終了
No.14 生産現場の機械保全技術研修

 締結、伝動装置、軸受け部品、油圧機器、振動診断などの機械保全全般について事例検討、理論的な理解、実習を通して、求められる保全技術を習得します。
 
 1.概要及び注意事項
  (1)コースの目的
  (2)コースの概要と注意事項
  (3)事例研究
 2.締結部品の保全
  (1)ねじの軸力と管理
  (2)トラブル対策(実習)
 3.油圧機械の保全
  (1)油圧シリンダの保全実習
 4.動力装置の保全
  (1)カップリング、ベルト、チェーンの保全
  (2)ウオームギアの保全実習
 5.軸受け部品の保全
  (1)ベアリングの損傷例と原因及び取り扱い
  (2)ベアリング具保全実習
 6.振動診断
  (1)振動と振動計測
  (2)危険回転速度の計算
  (3)スペクトル解析
  (4)ベアリングの振動診断(実習)
 7.まとめ、質疑応答
 
 
日 程 11/11(水)・11/18(水)  9:30~16:30

対象者 県内の製造関連企業において、機械設計製図の業務に従事している方
    またはこれから関連業務に従事する方
 
会 場 中国職業能力開発大学校(倉敷市玉島長尾1242-1)311教室

講 師 中国職業能力開発大学校 生産技術科 特任教授 米谷 弘明 氏


受講料 2,600円(税込)

持参物 作業服、関数電卓、筆記用具


お申し込み方法
下記記載の申込フォームに入力、もしくは下記【FAX専用お申込み用紙】をダウンロードしFAX下さい(募集期間外は申込フォームが使用できませんのでご注意ください)

お申し込み注意点
※申込内容を確認後、「受講決定通知書 兼 請求書」を郵送させて頂きます。
※申込書に記入された個人情報は、本研修の管理に使用する他、メールマガジンの配信等に利用させて頂く場合があります。
※連絡なく欠席される場合は、今後のお申込みをお断りする場合があります。
新型コロナウイルス感染症の拡大状況・社会情勢により、研修の開催方法の変更・中止を行う場合があります。

お申し込み・お問い合わせ先
公益財団法人岡山県産業振興財団 総務部 総務企画課 担当  藤田・浅田
TEL 086-286-9661 FAX 086-286-9662 E-mail:seminar@optic.or.jp



開催日 2020/11/11
申し込み受付期間 2020/08/31 ~ 2020/10/21
申し込み方法 応募期間は終了しました
担当部署 岡山県産業振興財団
募集人数 10人
開催時刻 9:30~16:30
イベントのアクセス数 422

財団の関連事業へのリンク


このページの先頭へ